【犬種別】ラサアプソの基礎知識&おすすめドッグフードはこちら!

lhassa-apsoこんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

まっすぐで硬い直毛で体全体を覆っている「ラサアプソ」。幸福をもたらす犬としても大切にされている犬種です。

今回はラサアプソの基礎知識を解説しつつ、健康維持や病気予防に適した「おすすめドッグフード」をご紹介します。

「ラサアプソってどんな犬なの?」「おすすめのドッグフードが知りたい!」という方の参考になれば幸いです。もし、すぐにおすすめドッグフードが知りたい方はこちらからどうぞ↓

⇒ おすすめのドッグフードはこちら

1.特徴

8a2708ea0c07c935494fc842fb450459ラサアプソはチベットを原産とし、古くから寺院や一般家庭で飼われてきました。もともとは作業犬のようなことはしてきませんでしたが、身体はしっかりとしており、意外と力強さがあります。

また聴覚が非常に優れており、家に訪ねてきた人の足音をすぐに感じ取り、飼い主に知らせることができます。チベットで暮らしていたときは、雪山での雪崩の前兆も察知することができ、人間に知らせていたみたいです。

ラサアプソの最大の特徴でもあるその毛は、見た目どおり寒さにはかなり強いのですが暑さには適していません。毛色は豊富で赤色、黒色、金色など様々な色があります。

基本情報
  • 平均体重:5kg~7kg
  • 平均寿命:12歳~14歳

2.性格

802ddebe3c584c485a4465db891d1890性格は基本的に明るく、飼い主と遊ぶことが大好きです。ただ、知らない人に対して警戒することがあり、用心深く吠えることもあります。

飼い主がとにかく大好きで従順な犬です。しかし、やきもちを妬いてしまうのか、子供との相性があまりよくありません。頑固な一面もあるので、しつけのときは根気よく負けないようにしましょう。

飼い主と一緒に何かする行動が好きなので、遊んだりゆっくりしたりする生活に適した小型犬の一種だと言えます。

3.魅力

animal-1103691_640実際に飼われている方の評判や口コミを見て、魅力となるポイントを5つピックアップしてみました。

1.注目の的になる見た目

良くも悪くも、注目の的になること間違いなしの見た目なので、それを評価している方が多かったです。

2.番犬としての適正がある

警戒心が強く吠えて威嚇してくれるので、番犬としてとても心強い味方になってくれるでしょう。

3.一人暮らしの人でも飼いやすい

ある程度の独立心も持っているので、一人暮らしの方でも飼いやすいと思います。

4.飼い主のことが大好き

飼い主が大好きで忠実、従順な性格です。そのため、扱いやすい犬種だと思います。

5.毛色が豊富で美しい

毛色が豊富でとてもキレイなので、手入れに手間がかかります。しかし、十人十色の美しさが出るあの毛色や毛並みは間違いなく魅力の一つでしょう。

飼うための注意点【かかりやすい病気】

4ef1e2aa3403f3174e0b786732768f4b_s犬種特有の病気には気をつけないといけません。ラサアプソには「かかりやすい病気」が3つあります。それは以下になります。

  1. 膝蓋骨脱臼
  2. 皮膚病
  3. 眼瞼内反症

これら3つの症状と対処方法を解説していきます。

1.膝蓋骨脱臼

小型犬に発症しやすい病気です。原因としては先天性と後天性の両方があり、ひざの関節の皿がずれてしまう病気です。症状として現れるのは歩き方にぎこちなくなります。この病気には段階があり、重症になればなるほど、手術と治療が難しくなります。ですので、この病気も早期発見、早期治療が大切です

対処方法

先天性の膝蓋骨脱臼を予防することは難しいのですが、後天的なものは打撲などの外傷や高いところからの落下による骨の変形などが原因なので、よく滑るフローリング等には絨毯やマットを敷いてあげ膝への負担を減らしてあげましょう。この病気は早期発見、早期治療が大切で手術はなるべく症状の軽いうちに行うのが重要です。幼犬でこの病気が見られた場合は、骨が成長する前に手術するべきといわれています。

2.皮膚病

ラサアプソは毛が多いので犬の皮膚病疾患にかかりやすく、最も多いのがアトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎です。症状としてはどちらも頻繁に体を舐めたり、掻いたりします。そこから更に悪化することもあるので気をつけましょう。

対処方法

予防法はラサアプソの体と毛を常に清潔にするようにしましょう。いつも使っているベットやオモチャ、お皿等も清潔にしておきましょう。食べ物が原因の可能性もあるので体に合ったものを選んであげましょう。もし異常を見かけたらすぐに動物病院へ連れて行ってあげましょう。早期発見、早期治療が大切です

3.眼瞼内反症

ラサアプソは毛が多いのでこの病気にかかりやすいです。遺伝的に発症している場合は、目の開いたばかりの子犬にもみられます。症状は目やに、涙が多かったり、目をしばしばさせていたりするので、注意して見てあげてください。

対処方法

症状の重さによって治療は変わりますが、軽度の内反なら、刺激しているまつげを根気よく抜いてやり結膜炎をきちんと治療すれば腫れがひいて軽減されることもあります。重症手術で治療する場合は内反してしまっている部分のまぶたを切除する手術を行ないます。

ラサアプソに与えたいおすすめドッグフードは?

ラサアプソが健康を維持しながら長生きできる「おすすめドッグフード」をここで紹介します。この犬種は小型犬に分類されているので、それに合わせたドッグフードを選ぶのが最適です。

172

食べやすい小粒がおすすめ!小型犬に最適なドッグフード【厳選3つ】

こんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

人気犬種ランキングで「トイプードル」「チワワ」などの小型犬が上位に占めるほど、日本では小型犬が多く飼われています。……

小型犬の中で特に多く見受けられる「膝蓋骨脱臼」。食べ過ぎによる体重増加や肥満が原因で発症する確率があがります。

遺伝的な病気を除くと、皮膚病に関してもアレルゲンが含まれたフードを食べ続けることで発症することがあります。

病気や健康を維持するためには、そのような低品質なフードは避けるべきです。そこで選ぶべきドッグフードの条件は以下の2になります。

  • 栄養価が高いもの
  • 穀物や添加物が入っていないもの

これらの条件をクリアし、その中から優秀なフードを厳選しました。それが「モグワンドッグフード」です。

もっともおすすめなドッグフードは「モグワン」

003ira

モグワンの特徴をまとめると、

  • 主原料:チキン生肉・生サーモン(高タンパク質)
  • 1kgあたりの価格:2,200円
  • 酸化防止剤:◎(ビタミンE)
  • 着色料:◎(未使用)
  • 穀物:◎(不使用)
  • 評価:★★★★★(五ツ星製品)※最高ランク

まず栄養価について、モグワンの主原料はチキン生肉・生サーモンを使い、健康維持に欠かせない動物性たんぱく質の割合は50%を超えています。(※低品質なものは10%~20%程度)

つまり、栄養価が非常に高いドッグフードだということです。また、野菜や果物を混ぜて栄養バランスも考えられています。

体に負担をかける穀物や添加物に関してもしっかり対策できています。穀物に関しては一切配合しないグレインフリー(穀物不使用)を採用。着色料や香料などの添加物も一切使用していません。

保存するために必要な酸化防止剤も「ミックストコフェノール」というビタミンEを配合し、危険なものは一切添加されていません。

saki_matome

愛犬の健康を考えるならドッグフードの見直しはできるだけ早くやってほしいところです。だって病気を患ってからでは遅いのですから・・・。

「愛犬のラサアプソには元気で長生きしてほしい!」という飼い主さんには、ぜひ一度試してもらいたいです。

⇒ モグワンの詳細はこちら

 

ドッグフード選びに迷った方へ

ドッグフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたドッグフードを3つ厳選しました。
ドッグフード選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめドッグフード3選

愛犬にぴったり合うドッグフードが知りたいときは?

愛犬のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なドッグフードがわかります。

ジャンル別おすすめドッグフード