【完全保存版】ドッグフード選びに失敗しない12のポイント!

checkpoint

こんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

ドッグフードには危険な添加物や劣悪な原材料が混ぜられているものがあります。そのようなドックフードを選ばないためには、飼い主の方がしっかり選んであげないといけません。

そこで、どのような点に注意すればドックフード選びに失敗しないのかをわかりやすく説明したいと思います。

これからご紹介する失敗しないための「12のポイント」はとても大事な項目です。わかりやすく項目ごとに整理しているので、ドックフードを選ぶときには、必ず見直してください。

ドッグフード選びに失敗しない「12のポイント」

ドックフード選びに失敗しないためにチェックすべき「12のポイント」は次の通りです。

  1. 酸化防止剤(エトキシキン、BHA、BHT)を使用していないこと
  2. 合成調味料、着色料、着香料、防カビ剤などの合成添加物類を使用していないこと
  3. 原材料の成分表示がきめ細かく明確に記載され、その記載にメーカー側の都合による誤解を誘いがちな表現が入っていないこと。
  4. 良質な肉類を使用していて、混ぜ物が入っていないこと。
  5. 砂糖や合成甘味料が入っていないこと。
  6. 塩化ナトリウム(食塩)を添加していないこと。
  7. 良質な油(脂)を使用していること。動物性油脂はNG。良いのは植物性油脂。
  8. ビタミンCを添加することで、良い意味での酸化防止&品質保持を心がけていること。
  9. 天然型の保存料を添加することで、良い意味での酸化防止&品質保持を心がけていること。
  10. 穀物類として「〇〇粉」や「〇〇ミール」ではなく、全粒穀類を含んでいること。
  11. 賞味期限はできるだけ短く明示されていて、開封後1ヶ月程度と書かれているものが望ましい。
  12. パッケージが単なる紙袋ではなく、ビニール袋などのうち袋と二重になっていて、しかもうち袋には酸化防止のために窒素が充填されていること。

12個のチェックリストをご紹介しましたが、これをドッグフードを購入する前に必ず見直して下さい。

inuhon

これだけは知るべき!ドッグフードの危険な原材料【まとめ】

こんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

当サイトでは、ドックフードの危険な原材料についていろんなものをご紹介してきました。その危険な原材料がわかりやすよう……

tenkabutu

人間には許可されないドッグフードの危険な添加物【まとめ】

こんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

ドッグフードには様々な添加物が混ぜられていますが、その目的は主にドッグフードの酸化を防止して保存期間を延ばすためで……

正直なところ、全てを満たすドッグフードはほとんど存在しません。ましてや、一般のペットショップやスーパー、ドラッグストアなどで販売されている市販のドッグフードは”ほぼ100%”これらの項目を満たすものはないでしょう。

つまり、これらのチェック項目を全て満たすドッグフードは、ごく一部のメーカーしかありません。ちなみに、当サイトで紹介している「★★★★★(5ツ星製品)」のドッグフードはこの12の項目をすべて満たしています。

hidari-big-koho1

【全192種掲載】ドッグフード『辛口評価』一覧を大公開!!

こんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

当サイトでは様々なドッグフードの原材料や成分を徹底分析し、辛口評価してきました。その数は市販から通販まで含めると「……

そんな超優良 (精密採点90点以上)ドッグフードの中でも、様々なサイトでランキング上位に必ず君臨している「モグワン」や「カナガン」は当サイトでもイチ押しです。安全性に関して文句ありませんし、何より価格(コスパ)が非常に良いんです。

「どんなドッグフードがいいかわからないけど、愛犬が健康に長生きできるものがいい!」

このように思われている飼い主の方は、まずは評価が一番高い「モグワン」を試してみてください。様々なドッグフードを研究し、試してきた管理人が「これ以上のドックフードはない」と断言できるものなので(*^^)v

⇒ モグワンの詳細はこちら

 

ドッグフード選びに迷った方へ

ドッグフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたドッグフードを3つ厳選しました。
ドッグフード選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめドッグフード3選

愛犬にぴったり合うドッグフードが知りたいときは?

愛犬のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なドッグフードがわかります。

ジャンル別おすすめドッグフード