高齢犬(シニア犬)の飼い主必見!老犬におすすめドッグフード3選

008dog

こんにちは。ドッグフード研究家の「saki」です。

当たり前ですが、犬も人間と同じようにある程度の歳を重ねると「老犬・高齢犬・シニア犬」と呼ばれるようになります。

ここに来られている飼い主さんは、

  • 高齢のワンちゃんを飼っていてドッグフード選びに悩んでいる・・・
  • 高齢に差し掛かってきている愛犬がいるのでドッグフードを見直したい・・・

といった方が多いはずです。そんな方のために以下の内容をまずは知って頂きたいと思います。

  • 老化のチェック方法
  • 高齢になる愛犬の「正しい餌の与え方」

この2つのポイントを解説したあとに、「老犬・高齢犬・シニア犬」におすすめのドッグフードをランキング形式で紹介します。

「老犬・高齢犬・シニア犬」にあたるかチェックする方法

009mv

犬は、7~8歳で老犬・高齢犬になるされています。大型犬の場合は5~6歳あたりだと言われています。

ただ、年齢だけでは分かりにくいと思うので、老化をチェックする「4つの方法」を紹介します。

【チェック1】階段や段差の昇り降りが遅くなってきた

night-ball-tennis-eyes-75346

老化してくると足腰が弱ってくるので階段や段差の昇り降りが苦痛になります。

  • 昇り降りが遅くなってきた
  • 全く昇らない
  • 足が上がらなくなってきた

このような場合は高齢になった証拠です。

【チェック2】食欲の低下

犬は年齢を重ねるごとに味覚や嗅覚が衰え、内蔵機能が低下してきます。それにともなって食欲の低下や食べ物の好みが変わるなどがみられます。これも目安の一つです。

【チェック3】寝る頻度が多くなる

pexels-photo-31131

歳を重ねると寝ることが多くなります。また、寝るだけではなく起きているときもインターホンや雷などの大きな音に反応しなくなったり、散歩へ行きたがらないなどの変化もみられます。

【チェック4】トイレが近くなる・おしっこを漏らす

yellow-1187326_640

内蔵機能の衰えによってトイレが近くなって尿をする頻度が増えたり、間に合わずおしっこを漏らすといった症状もあらわれます。

高齢になった愛犬の「正しい餌の与え方」

高齢になってくると餌の与え方も変えなくてはいけません。若いころのようにガツガツ食べるだけでは健康を維持することも難しくなります。

ここでは高齢になった愛犬の「正しい餌の与え方」として4つのポイントをご説明します。

【ポイント1】餌を温めてあげる

f1d47547d1ac64a6cb6ed5fdacfbbe31_s

上でも書きましたが、歳を取るにつれて味覚や嗅覚が衰えてきます。味覚や嗅覚が衰えることによって食事に興味がなくなってくる可能性があります。

対策としては、食事のときにドッグフードを「ほんの少しだけ温めてあげる」といいです。温めてあげると匂いが際立つので食欲を増長させることができます。

ただ、温めすぎると火傷や焦げてしまい、逆に食べなくなることもあるので「人肌程度」の温かさが理想です。

【ポイント2】動物由来のお肉、脂肪を使用する

original

犬はお肉が大好きな動物です。それは高齢になっても変わりません。穀物がメインではなく、お肉が主原料のドッグフードを与えて食欲を促進してあげましょう。

【ポイント3】1日3回に分けて与える

01point003

消化機能が落ちてくるので、今まで通りの1日2回のペースで与えていると消化不良を起こす危険性があります。1日3回、朝昼晩と分けて消化の負担を軽減してあげましょう。

【ポイント4】ドッグフードを新しいものに移行する

02dog-food

少ない量でも栄養が摂れるように高カロリーなドッグフードに代えるのが効果的です。高カロリーに代えた場合は与える量が少なくて済むので、肥満軽減にも繋がり一石二鳥です。

高齢犬用の製品に代える場合は「高たんぱく・低脂肪」のドッグフードがおすすめです。切り替える際にドッグフードをいきなり代えるのではなく、元のフードに新しいものを少しずつ混ぜてあげてください。

そうすれば愛犬の身体に負担がなく、スムーズに移行することができます。

高齢犬(シニア犬)おすすめドッグフードランキング【厳選3つ】

01ranking3

高齢犬(シニア犬)におすすめフードは、先ほども言ったとおり「高たんぱく・低脂肪」の製品になります。

少ない量でもしっかり栄養価が補えるものを選んであげなくてはいけません。それにプラスして「価格」「みんなの評判」も加えたドッグフードを厳選しました。

【第3位】オリジン(シニア)

416lmT7ylHL

評価 ★★★★・ (4ツ星製品)
商品名 オリジン『シニア』
参考価格(税抜) 6,156円(単品購入時/公式参考価格)
対応犬種/年齢 全犬種用/シニア用
内容量 2.27kg
生産国 カナダ
備考 特になし

オリジン『シニア』は、高齢犬にとって大切な正常な血糖値や、健康的な体重を維持出来るようにサポートされたドッグフードとなっています。

オリジンシリーズは高品質なものが多く、ダイエット用の食事としてもおすすめです。

公式サイトはこちら

【第2位】アランズナチュラルドッグフード(NDF)

a273bba0

評価 ★★★★★ (5ツ星製品)
商品名 アランズナチュラルドッグフード
参考価格(税抜) 3,960円(単品購入時/税抜)
対応犬種/年齢 全犬種用/成犬用(生後7ヵ月から)
内容量 2kg
生産国 イギリス
備考 無添加の代表格♪

ナチュラルドッグフードは、保存量に天然のハーブを使用するほど無添加にこだわり、アレルギーが少ないラム肉を使用するなど、品質は非常に高いドッグフードです。

栄養価も高く、与える量も少ないので体重管理もしやすいと思います。今現在、愛犬の病気等で悩んでいる方は、自然由来のナチュラルドッグフードがおすすめです。

公式サイトはこちら

【第1位】モグワン

評価 ★★★★★ (5ツ星製品)
商品名 モグワン
参考価格(税抜) 3,960円(単品購入時/税抜)
対応犬種/年齢 全犬種用/4ヶ月~
内容量 1.8kg
生産国 イギリス
備考 穀物不使用で安心安全♪

モグワンに使用している原材料は全てヒューマングレード(人間が食べれるほどの原材料)と品質が高く、徹底した品質管理がされています。

また犬の栄養バランス、食いつき、消化性まで全てが高水準となっています。健康面でも消化不良を起こしやすい「穀類」も一切使用していないグレインフリーの製品です。

高齢犬(シニア犬)を飼われている飼い主さんには一度試してほしいドッグフードです(*^_^*)

公式サイトはこちら

 

ドッグフード選びに迷った方へ

ドッグフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたドッグフードを3つ厳選しました。
ドッグフード選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめドッグフード3選

愛犬にぴったり合うドッグフードが知りたいときは?

愛犬のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なドッグフードがわかります。

ジャンル別おすすめドッグフード